セレック治療のご案内

Sub menu

セレック治療のご案内

セレック治療

詰め物やかぶせ物を製作する作業は、患者さんの歯型を取り、石膏を注入し模型を製作し、技工士さんがハンドメイドで行うことが一般的です。そのため製作に必要な日数は7〜10日程度となります。
当院では詰め物やかぶせ物の製作を院内で行うことが可能な「セレック」を導入しております。
「セレック」は歯科医師が歯を削った後、型どりからセラミックの製作まですべてコンピューター制御のもと行うことができます。これらCADCAMシステムで製作された詰め物やかぶせ物の適合制度が優れていますので、2次カリエスの発症リスクが少なくなります。

セレック治療の流れ

歯の切削→型どり(光学印象)→設計→削りだし(加工機)となり、通常通り歯科医師が歯を切削した後にプライムスキャン用いた型どり(光学印象)を行います。その後プライムスキャンで詰め物やかぶせ物の設計を行い、プライムミルという削りだし機(加工機)で詰め物やかぶせ物を製作します。すなわち、一連の工程はコンピューター制御のもと行われます。当院は最新のセレック機器を導入しております。

セレック治療

「銀歯を白くしたい」という主訴の患者さんです
セレック治療

セレック治療のメリット

  1. 詰め物やかぶせ物の適合制度がよい 光学印象で得られたデータをもとに設計・製作された詰め物やかぶせ物の適合制度は高いため、2次カリエス(新たな虫歯)の発症リスクが激減します。
  2. 自然な仕上がり(目立たない) セラミックは、保険治療の対象となるプラスチック(レジン)と違って、天然歯に近い透明感が得られることから、前歯に入れても自然でほとんど目立ちません。
  3. 経年劣化が少ない セラミックは劣化が起こりにくく、ほとんど変色が見られないのが特徴です。そのため、銀歯に比べて2次カリエスも少なくなります。
  4. プラークの付着が抑制できる セラミックは硬くて傷つきにくいため、銀歯よりはプラークの停滞を抑制できます。
  5. 身体に優しい セラミックは、銀歯のような金属アレルギーの不安がない上、歯肉への悪影響はありません。
  6. 可能であれば1日で治療が終了する 削った歯に対して詰め物やかぶせ物を装着する場合、可能な限り当日ですべての処置を終了することがベターです。仮の蓋や仮歯で終日過ごすことで歯質の汚染は多少なりともあることが理由です。
  7. 技工所で製作する詰め物やかぶせ物より安価で提供できる 院内で製作することで、技工所が製作する詰め物やかぶせ物より治療費は安くなります。

セレック治療のデメリット

  1. セラミック治療は保険適応ではないため、保険適応の銀歯より治療費が高くなる。
  2. セラミックの良さは多くありますが、「割れる」というキーワードで銀歯と比較した場合、セラックのほうがそのリスクは高くなります。 セラミックは高強度でありますが、ある一定の力のその部分だけに集中してまうと割れやすいという性質があります。最近はジルコニアなどより硬い材料が 注目されていますので、一度割れたことを経験した患者さんにはマウスピースの装着とジルコニアでの詰め物やかぶせ物の製作をお勧めしております。
  3. 技工所が製作する詰め物やかぶせ物より治療費は安くなりますが、セレック治療はセラミックブロックを削り出し、院内で研磨作業するだけとなります。私の経験から 奥歯であれば問題ないと感じますが、前歯など審美的要求が強い部位に関しては、技工所でハンドメイドにて製作いただいたほうが賢明かと思います。

プライムスキャンで光学印象することで様々な説明が可能となります。

セレック治療

プライムスキャンで光学印象を行い、画像をお見せすることで、お口の中の状態やかみ合わせ、歯列の発育状態など、患者さんにも「手に取るように理解しやすい環境」を作り出すことができます

セレック治療の治療費について

セレックで製作するセラミックの詰め物やかぶせ物は健康保険の適応ではございません。

セラミックインレー(詰め物) 38,000円
セラミッククラウン(かぶせ物)70,000円
となります。*上記は税別表示

セレック治療の治療費